extra - orre origin

オーレ由来集。
特に人名には勝手な予想も入っております。
外国語で特別に表記がないものは、主に英語です。


地名 // 人名:あ〜さ た〜は ま〜わ // オマケ

各項目五十音順

【地名】

アイオポート:
宝石「菫青石(きんせいせき)/iolite(アイオライト)」。
珪酸塩鉱物としては“cordierite(コーディアライト)”と呼ばれる。
別名ウォーターサファイア、ダイクロアイト(dichroite)。
見る角度で色が変わる。
語源はギリシャ語の“青紫”「ios」と“石”「lithos」。


アゲトビレッジ:
宝石「瑪瑙(めのう)/agate(アゲート)」。
石英などが層になっている。縞模様。
語源はギリシャ語の「achates」。
イタリアのシチリア島のアチヤテス川で採れたことから。


エクロ峡谷:
岩石「榴輝岩(りゅうきがん)/eclogite(エクロジャイト)」。
緑色の輝石と赤色のざくろ石で出来ている事が多い。
地核付近まで沈み、再び出てきた時には宝石になっている。


オーレ地方:
英語で鉱石の意「ore」から。
お手持ちの和英で「鉱石」と引いてみよう。


ニケルダーク島:
金属元素「ニッケル/Nickel」。
元素記号は「Ni」。
めっきによく用いられ、硬貨の原料にもされる。
銅に似ていながら銅とは違うと、嫌われていた。
銅を含むとも思われていたらしい。
語源はドイツ語の“悪魔の銅”「Kupfernickel」。

英語名「Citadark Island」は「citadel(城・要塞)」+「dark」。


パイラタウン:
硫化鉱物「黄鉄鉱(おうてっこう)/pyrite(パイライト)」。
よく金に間違われ“fool's gold(愚か者の金)”という別名がある。
ハンマーなどで叩くと、火花が飛び散る。
語源はギリシャ語の“火花”「pyr」。


フェナスシティ:
宝石「フェナス石/phenacite・phenakite(フェナサイト・フェナカイト)」。
見た目や硬度が水晶(石英)に似ているためよく間違われる。 地中では真っ赤な色をしているが、太陽の光を受けると無色になってしまうらしい。
語源はギリシャ語の“欺く者・詐欺師”「phenakos(phenax)」。


ラルガタワー:
鉱物「鶏冠石(けいかんせき)/realgar(リアルガー)」。
光と湿度に弱く、乾燥した暗所に保存しないと数年で黄色く変質する。
硫化砒素でできているため、口に入れたりすると危険。
語源はアラビア語の“鉱山のほこり”「Rahj al ghar」。


リブラ号:
※詳細不明
@libra:古代ローマの重量単位
 Libra:てんびん座
 ライブラとも読む

A準貴石「ラブラドル長石・曹灰長石(そうかいちょうせき)/labradorite(ラブラドライト)」。
斜長石の一種。
ラブラドライトの一種に、スペクトロライトがある。
光に当てると、イリデッセンスという美しい色彩の閃光を放つ。 この石で見られるものは特に、ラブラドル効果と呼ばれている。
由来は最初に発見された「ラブラドル半島(カナダ)」から。
※から?

↑up



【人名 あ〜さ】

アルドス:
「right」の「R」から。
メチャリッチの右手側にいる。青い人。


ヴィーナス:
「Venus(愛と美の女神・金星)」。
英語名「Venus」も同様。


ウイリー:
「William(男性の名)」の愛称。
英語名「Willie」も同様。


エマ:
「Emma(女性の名)」。愛称は「Emmie,Emmy」。
英語名「Acri」は「acrid(きつい・ぴりっとする)」から?


エルデス:
「left」の「L」から。
メチャリッチの左手側にいる。赤い人。


エレナ:
「Eleanor(女性の名)」。


ギンザル:
金属元素「銀」から?
(シルバも同様に銀を由来する可能性が高い)
英語名「Duking」は「duke(公爵・君主・さくらんぼ・拳)」から?


クロ:
英語名「Bitt」は情報量の基本単位「bit」から。


ザクスカ:
ロシア語「Zakska?(意味は不明)」から?


シホ:
英語名「Megg」は「Margaret(女性の名)」の愛称「Meg」から?


ジャキラ:
「邪気・邪鬼」/「蛇」+「killer(殺し屋・殺人者)」?


シルバ:
「Silver(銀)」から?
(ギンザルも同様に銀に由来する可能性が高い)
英語名「Silva」も同様。


スレッド:
掲示板の「thread(スレッド)」。
英語名「Nett」は「network」から。


セイギ:
英語名「Justy」は「justice(正義)」から。
そのことから日本名も「正義」に由来すると思われる。

↑up


【人名 た〜は】

ダニー:
「Daniel(男性の名)」の愛称「Danny」。


チョビン:
「猪尾助/ちょびすけ(体の小さな人をあざけっていう語・ちびすけ)」から?


デスゴルド:
「death」+「gold」。
英語名「Greevil」は「greed(貪欲・欲張り)」+「evil(邪悪)」。


トロイ:
「とろい(鈍い・愚か)」から。
英語名「Trudly」は「trudge(のろのろと歩く・重い足どりで歩く)」から。


ナップス:
「nap(昼寝・仮眠)」から?
英語名「Naps」も同様。


バックレー:
「ばっくれる」「しらばくれる」から。
英語名「Es Cade」は「Es(化学物質アインスタイニウム)」+「cad(下劣な男)」から??


ビーディ:
「bead(ビーズ・玉)」転じて水晶玉から?。
英語名「Fateen」は「fate(運命)」から。


ビルボー:
英語名「Senilor」は「senile(老年の)」から。


ブルーノ:
「blue」が語源?不明。
英語名「Bluno」も同様。


ヘッジ署長:
「hedge(垣根・境界線・保護策など)」から?
英語名「(Chief) Sherles」は「Sher-lock Holmes(シャーロック=ホームズ)」から?


ヘボイ:
「へぼ(わざのまずいこと、人・へた・野菜、果物などのできの悪いもの)」から。
英語名「Folly」は「folly(愚かさ・愚劣)」から。


ヘルゴンザ:
「hell(地獄)」+「Gonzalez(スペイン語系の姓ゴンザレス)」から?
英語名「Gonzap」は「Gonzalez」+「zap(殺す・早送りする・削除する)」から?


ベルデ:
イタリア語「verde(緑)」から。
英語名「Verde」も同様。


ボルグ:
スカンディナビア語「borg(砦)」もしくはマルタの姓「Borg(石の城)」もしくは「cyborg(サイボーグ)」から?
※英語版Wikipedia「Borg」の項参照。
英語名「Ein」は「Einstein(アインシュタイン)」もしくは「ein(電圧のE)」から?

↑up


【人名 ま〜わ】

マサ:
マサ(風化して砂状になった花崗岩)から?
英語名「Cail」は男性の名?読みは「ケイル」もしくは「カイル」。


マナ:
「愛・真(称美、親愛を表す)」から?
英語名「Jovi」は「jovial(陽気な)」から。


ミラーボ:
「ミラーボール」。


ミラクルボ:
「ミラクルボール」。


ミレイ:
フランスの画家「ミレー(Jean-Francois Millet)」もしくはイギリスの画家「ミレイ(John Everett Millais)」から?
もしくは「Millennium(千年紀)/mille(千/ラテン語)」+「ray(光・輝き)」?


六つ子ブラザーズ:
それぞれ、ギリシャ語・ラテン語の数詞から。
英語名はそれぞれの色+six(六)の構成。
- 日本語名 -
・モノル(赤):「モノ(mono)/1」
・ジレル(青):「ジ(di)/2」
・トリル(茶):「トリ(tri)/3」
・テトル(黄):「テトラ(tetra)/4」
・ペタル(紫):「ペンタ(penta)/5」
・ヘキル(緑):「ヘキサ(hexa)/6」
- 英語名 -
・Resix(モノル):red+six
・Blusix(ジレル):blue+six
・Browsix(トリル):brown+six
・Yellosix(テトル):yellow+six
・Purpsix(ペタル):purple+six
・Greesix(ヘキル):green+six


メチャリッチ:
「めちゃ(度をはずれていること)」+「rich(裕福・金持ち)」。
英語名「Verich」は「very(とても)」+「rich」。


ユイト:
英語名「(Officer) Johnson」は英語の姓「Johnson」から。
ちなみに「John(男性の名)」は豪俗に「警官」という意味がある。


ラブリナ:
「love(愛・恋人など)」から。
英語名「Lovrina」も同様。


リュウト:
「竜・龍(想像上の生き物・ドラゴン)」から?
英語名は「Michael(男性の名、天使長ミカエル)」。
愛称は「Micky,Mike」。


リリア:
英語名「Lily」は「lily(ユリの花)」から。


レオ:
「Leo(男性の名)」。「しし座」「獅子宮」も意味する。
獅子とはライオンのこと。
英語名「Wes」は「Wesley(男性の名)」の愛称。
「western」から?


レン:
「連絡」から?
英語名「Secc」は「second(秒)」から?


ローガン:
「老眼・老顔」から。
英語名「Eagun」は「eager(熱望している・熱心な)」から?


ロッソ:
イタリア語「rosso(赤)」から。
英語名「Rosso」も同様。


ワズル:
「悪」+「ずる」??


ワルダック:
「悪巧み」。
英語名「Evice」は「evil(邪悪)」から。

↑up



【オマケ】

XD:
@「eXtra Dimension」の略。超越した次元。
A「eXtra Dark pokemon」の略。
ポケモンXDのタイトルは両方の意味を兼ねているが、ゲーム中ではAの意味で使われる。
因みに英語版はDark PokemonではなくShadow Pokemonなので、意味が通じない。


シャドー:
英語名「Cipher」は「cipher(暗号・ゼロ・つまらない人)」から。
英単語はアラビア語の「ゼロ」に由来している。


シャドー研究員:
英語名「Cipher R&D」の「R&D」は「research and development(研究と開発)」のこと。


シャドーの秘密工場:
英語名「Cipher Key Lair」は直訳すると「シャドーの重要な隠れ家」と言ったところ。


スナッチ:
「snatch(ひったくる・強奪する)」。
英語版では「snag(鋭い突起物・障害・妨げるなど)」。


ポケモン総合研究所:
英語名「Pokemon HQ」の「HQ」は「headquarters(本部・司令部・本拠)」のこと。


リライブ:
「relive(再び経験する・追体験する・生き返る)」から。
読みは異なる。

↑up